こだわりのファッション情報


記事の内容

前へ | 次へ

不潔じゃない古着
2013/02/11 11:41

古着というのは、着古したものということになるので、どうしても不潔というイメージは拭えません。
しかし、一方で、古着はしっかり洗ってあるので、不潔ではないと言う人もいて、人によって色々です。
古着は不潔といって敬遠する人もいますが、逆に考えれば、汚れが目立たないと言う風にプラスに考えることもできます。
要するに古着のお店は個人でやっている所が多く、フレンドリーなお客さんが多いのが特徴です。
店員が5人くらいいる古着のお店は、より買いやすい雰囲気があり、品数も多く、お店の中にも入りやすいです。
ただ、古着のお店の場合、あまり積極的な接客はなく、店員さんを呼んでもそっけない事が多いです。
基本的には古着はやや不潔という人の方が多く、どっちにしても、潔癖症の人はつらいものです。
しかし、普通一般に考えると、古着が不潔というのは避けられず、実際、ポケットに砂が入っていることもあります。
古着が好きな人にとっては、不潔なイメージと言われるのは辛く、それでは素直にオシャレを楽しめません。
他人とかぶる率が少なく、味があって、安く、また、楽に服を着こなすことができるので、古着は人気があるのです。

カテゴリ:ファッション

前へ | 次へ

コメントを見る(0)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン

i-mobile


Powered by FC2 Blog