こだわりのファッション情報


記事の内容

前へ | 次へ

古着を売りたい場合
2013/02/03 10:21

古着を売りたいと思っている人は、世の中にはたくさんいるでしょうが、実際にはそう簡単には思うようには売れません。
正直、古着を売りたいと思っても、自分が思ってる値段よりも、かなり安い値で買い叩かれるのがオチです。
しかし、古着を捨ててしまうことを考えれば、安くてもちょっとでも値段がつくのでいいかもしれません。
また、ブランド物でも20年近くも昔の古着となると、非常に厳しい状況になってしまいます。
例えば、子供服での発表会用のワンピとか、というのは、ブランドに関係なく、古着はほとんど値がつきません。
一般的に、古着は大人のものは難しく、売りたいなら、子ども物の方が良く、なぜなら買い替え需要があるからです。
寒い冬になる前に、早目に冬物の古着を選んで、お店に持っていくようにしなければ、安く叩かれます。
ノンブランドの古着は、まるで、ブックオフの古本のように買い叩かれてしまうので、売りたいと思っても、決して期待してはいけません。
ちなみに5000円で買ったカットソーの古着などは、500円付くことまずないと思った方がいいでしょう。
ノンブランドの古着の場合、仮に30着売ったとしても、全部でせいぜい1000円くらいにしかなりません。

カテゴリ:ファッション

前へ | 次へ

コメントを見る(0)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン

i-mobile


Powered By FC2ブログ